FC2ブログ

自己分析2 ~広告代理店が考える就職戦略~

みなさま、お久しぶりです。

少し更新に時間が空いてしまいましたが
今回は、前回の続き「自己分析2」となります。


自己分析の目的を
3つに大別しましたが、その2つ目


2、自分の能力と、それを示す事実を探す


に関して説明します。

あなたが探さないといけないのは「能力」と「能力を示す事実」という2つになります。

これは企業へのプレゼントの中身(=「能力」)とラッピング(=「能力を示す事実」)のようなものと考えてください。

どちらかひとつではプレゼントと言えないように、この2つは必ずセットになります。



簡単な例をあげると、あなたが英語力を能力として持っていた場合、

「わたしは英語が得意です。」

というのは ラッピングのないプレゼントを押し付けているようなもので、
受け取る側は魅力的に感じません。 しかし

「私はTOEICが950点です。」

というスコアの事実でラッピングしてあげると説得力が増してより受け取りやすくなります。 これは、
前回の客観性と同じ話です。




では、「能力」とはどんなものなのでしょうか。
資格のことでしょうか。

たとえば、あなたが「けん玉、全国1位」という実績を持っていたとします。
一見、けん玉の「能力」のように思えますが、企業から見るとこれは「能力」ではありません。


何故か。


最初にお話したように、あなたの「能力」は企業へのプレゼントの中身です。
つまり、企業にとって興味のある内容でなければ意味がないのです。



これは考えてみれば当たり前の話なのですが、就職活動での「能力」の意味を履き違えてしまっている人が、非常に多く見受けられます。

さらに言うと、「能力」を探すと言ってはいますが
実は最初からアピールすべき「能力」はほぼ決まっています。


企業側が採用の際、求めている能力はどんな業界・会社でもほとんど似通っているからです。

利益を出し続けなければいけない団体としての使命がある限り、当然ビジネスマンとしての「能力」を測っています。

それは、大きく以下の3つになります。



・コミュニケーション能力

・行動力

・問題解決能力




様々な企業の人事担当者へのアンケートで結局出てくる項目はほとんど同じで、上記の能力が挙げられます。
クリエイティブ能力を欲していると思われる広告代理店のような業界も同様です。


つまりあなたが就職活動で語る「能力」のベクトルは上記の3つに向かっていなければいけないのです。



あとはその「能力」をどうラッピングしてあげるかの勝負です。



そもそもプレゼントの中身を間違っている学生は問題外として
100人中70人の学生が赤色のラッピングを使ってくるのであれば、魅力的な青色のラッピングを探してください。
これが先日の
「みんなサークルの部長さん問題」であり差別化の考え方です。


当然簡単な作業ではありませんし、答えがあるわけでもありません。
ただ、ひとつのヒントとしてコピーライターの発想手順を紹介します。



まず、コピーライターの仕事を簡単に説明すると
「商品のコアな価値を、できるだけたくさんの切り口で表現し、一番伝わるコミュニケーションを考えること」です。
つまり「商品のコアな価値探し」「それに行き着く切り口探し」とステップとしては大きく2つあります


(例)セコム・ホームセキュリティのコピー を考える場合

「商品のコアな価値」 : 防犯・防災などあらゆる危険から我が家を守る。
「切り口」 : 家と路上の関係から考えてみる。

コピー : 家は路上に放置されている。

※第46回宣伝会議賞のグランプリ作品です。


上記は、無防備な家への危機感と守る必要性を「路上に放置」というラッピングで見事に表現しています。


就職活動の場合、提示すべきあなたのコアな価値、つまりプレゼントの中身は前述の通り決まっています。

繰り返しになりますが、あとはそのことを一番魅力的に、説得力ある方法で伝えられるラッピングを考えるのです。




参考までに、、、以下私の事例を紹介します。

職活動中、「問題解決能力」をどうラッピングしようかと悩んでいました。
サークルの話、バイトの話、所属していた劇団の話、などなどピックアップしたのですが、どうも誰もが言いそうなエピソードになってしまいそうで、差別化できそうにありません。

そこで、サークルやバイトの中身の話でなくもっと小さな気付きに発想を切り替えようと思いました。

私はサークルでフットサルをしていたのですが、練習していた広場にはよく空き缶やゴミが捨てられていました。
練習は決まってゴミ拾いからスタートします。
なんとかゴミ拾いを省略したくてサークルメンバーと話し合って解決方法を考えました。

その方法は「花を植えること」です。

街中ではよくやる手法だと思うのですが、
キレイな花が咲いていればゴミを捨てる人の気持ちを抑制できるのでは、という仮説に基づいての行動です。



上記は、私が数十と考えた問題解決能力のラッピングのひとつで 小さい話ではあります。
が、
抽象的なサークルの部長話よりは効果的だったのかもしれません。


スタンスはご理解頂けたかと思いますので
あとは、皆さんひとりひとりが自分なりのラッピングを探してみてください。


次回、自己分析3になります。









にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

↑次回も期待して頂けたら、クリック投票して頂けるとうれしいです。

 

自己分析1 ~広告代理店が考える就職戦略~

今回は、前回紹介した「自己分析と業界研究」を就職活動に応用してみたいと思います。

前回の話の続きになりますので
是非、前回の記事を読んだ上でお読み下さい。


本日のテーマは「自己分析」です。


「自己分析」という言葉は、よく耳にするかと思いますが
目的が曖昧になってしまっている方を多く見かけます。

まず、自己分析の目的を明文化します。
就職活動で勝利することを目指す場合、以下の3つに大別されます。


1、自分を客観視する

2、自分の能力と、それを示す事実を探す

3、自分の適性と、それを示す事実を探す


人生の目的を探すための自己分析・・・と話を広げる場合もありますが、今回は趣旨から外れるので割愛します。あくまで、就職活動のツールとして捉えてください。

では、ひとつずつ解説いたします。




1、自分を客観視する

これは、自己分析する上で常に意識すべき大目的、もしくは大前提です。
自分を客観的に見ることで、自身の能力や適正を見極め
他人に正確に伝えることができるようになります。


例えば、あなたの印象について

「堅いのか」「柔らかいのか」「誠実なのか」「胡散臭いのか」「明るいのか」「陰があるのか」「スポーツマンなのか」「アキバ系なのか」「面白いのか」「理屈っぽいのか」・・・

客観的に考えてみてください。
ただし、実際のあなたでなく、”あなたを見て周りがどう思うか”という視点であることに留意してください。

これは個人差はありますが、自身では見えてない場合が多いものです。
自分で悩むよりも、あなたの身の回りの人に意見を聞いてみることをオススメします。

その場合、自分の印象を”ギリギリ尋ねられるくらいの距離感”が良いでしょう。
あまりに仲の良い人では、客観的な印象は引き出しにくいからです。


繰り返しになりますが、この客観視という姿勢を、あなたの「印象」「考え」「経験」にいたるまで、すべてに関して一貫してください。


この作業の大切さを、広告代理店の存在を例に考えてみたいと思います。

企業が商品プロモーションする際、開発まで行なった商品を自社でコミュニケーションすることはまずありません。ある程度の情報を渡して(オリエンテーション)、戦略から表現方法までを広告代理店に委ねます。

ここで疑問があります。

何故、自分達ですべてのコミュニケーションを考えないのでしょうか?
何故、商品知識に関して劣っている広告代理店にお願いしてプロモーションをしてもらうのでしょうか?

「自社にクリエイターがいないから」など、現時点で顕在化している原因はありますがそれは根本の理由ではありません。
なぜならそこに需要があれば、「社内クリエイターを育てる」などの体質に発達してきているはずだからです。

答えはシンプルで、広告代理店が市場に精通し、客観視できる立場にいるためです。
自分達では自社の商品を、客観的に捕らえることが難しいのです。


そして、そこまで客観性にこだわるのは
客観性を欠いたコミュニケーションが伝わらないことを痛感しているためです。


これは、そのまま皆さん自身の就職活動における教訓としてください。


企業が、学生に求める能力ランキングで「コミュニケーション能力」という言葉は、誰もが目にしていることでしょう。
そして、「キャッチボールをうまくしなさい」「笑顔を絶やすな」などなど、いろんなことを言う人がいます。

が、これらは表面上現れる結果でしかなく、根本のコミュニケーション能力ではありません。

ここで定義します。


自分の印象・考え・立場、それらを客観視する能力こそがコミュニケーション能力です。

客観視できるからこそTPOにあった対応ができ
コミュニケーション能力が秀でている、と評価されるのです。


間違っても、青白く不健康そうな風貌で「私は4年間スポーツに汗を流してきました。」と力説しないでください。
また、自分の思い込みの理想を熱弁しないでください。

これらはすべて違和感として相手に感じ取られ、残念な結果となってしまうでしょう。


まとめます。

これからの自己分析においては、「あなたの印象」から「考え」にいたるまで、常に客観的な視点の俎上にさらす覚悟をしてください。


その姿勢の積み重ねが、結果としてコミュニケーション能力として開花します。


次回、自己分析2となります。




にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

↑次回も期待して頂けたら、クリック投票して頂けるとうれしいです。

自己紹介

nyaku

Author:nyaku
広告代理店に勤務しています。

地方の大学出身で、就職活動時は情報を集めるだけでも一苦労でした。しかし、東京の学生に負けないためにどうすれば良いかを考え抜いた末、受験したすべての企業から内定を頂くことができました。

企業や商品のプロモーションを仕事とするようになったいま、学生時代の経験を踏まえて「自分をプロモートする」方法としての就職活動の方法を整理し、学生の支援活動を行っています。

最新記事
テーマ一覧
最新トラックバック
就職活動に役立つブログ情報
■就職活動ブログランキング

■にほんブログ村
 →就職活動人気ランキング
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

■人気ブログランキング
 →就職・アルバイト
人気ブログランキングへ

■FC2ブログランキング
 →就職・お仕事

広告業界の転職情報No1
RSSリンクの表示
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター
アクセスランキング
FX