FC2ブログ

自己分析と業界研究 ~広告代理店が考える就職戦略~

今回は広告代理店のコミュニケーション戦略立案の流れを紹介しながら、就職活動の戦略について考えてみたいと思います。

繰り返しの大前提になりますが

「商品を広告し売る」流れを知ると
「自分自身をアピールし内定をもらう」流れに応用できます。


広告代理店を志望される方に限らず役に立つと思いますので是非、参考にしてください。



テーマは戦略立案における
”商品分析とターゲットインサイト”です。


まず、商品を広告するとき
いきなりどんなCMを作ろうか、とやみくもに表現を考えるわけではありません。

当然ながら、どうコミュニケーションするのか戦略を立てます。

その出発点となるのがセグメンテーションです。

セグメンテーションとは、
不特定多数の人々を、同じニーズや性質を持つ固まり(セグメント)に分けて市場細分化することです。


例えとして、クラスメートにあなたの開発したコーヒーAを継続的に買ってもらうことを考えてみましょう。

なんとなくクラスメートに
「コーヒー買って」
と伝えたとしたらどうでしょうか。

きっと誰も買わないでしょう。

なぜなら
あなたのコーヒーを買う理由がないからです。


そこで、この課題をクリアするための切り口を探します。
まず、クラスメートをセグメントします。

便宜的に、飲料の好みでセグメントしたとすると
「コーヒー派の人」「紅茶派の人」「お茶派の人」というグループに分かれました。
コーヒーセグメント 

ここで、誰にどんなメッセージを伝えたら一番効率的かを考えていきます。

コーヒーを売るのだから、と短絡的に「コーヒー派の人」を狙うというのは間違いです。

コーヒー派は、すでにたくさんのコーヒーを飲んでいることが想像できます。その場合、他のコーヒー(競合)の一つとしてしか考えてもらえず、新参者のあなたのコーヒーを飲んでもらえる可能性が低いためです。


切り口を探すためにすべきは、以下二つの作業です。
①コーヒーAの特徴分析
②ターゲットインサイト(ターゲットの本音)の抽出


①と②それぞれの要素の中で、親和性の高いものを探していきます。それが切り口候補となります。
商品特性 

分析を進めた結果、


①コーヒーAは健康を意識してカフェインの分量調整を行っている。
②お茶派のクラスメートは、実はコーヒー好きだが健康を気にしてお茶を飲んでいる。


上記のように「健康」という親和性の高い切り口を見出したとします。
この場合、お茶派のクラスメートに

「これ、健康も気遣えるコーヒーだよ。」

と言って勧める可能性を考えるのです。


ここで、まだ可能性と言っているのは最後の仕上げとして、差別化」のチェックが残っているからです。
要は、その切り口に競争力があるかの確認を行なうわけです。


この切り口の策定を間違ってしまうと、効果の薄いコミュニケーションになってしまいます。

なので、広告の核となる非常に重要なステップです。




前段が長くなってしまいましたが
就職活動の話に戻ります。

就職活動において
ターゲットは、企業であり、企業の面接官です。
商品は、みなさんひとりひとりです。


この不景気で買い手市場と言われるなか、みなさんは、なんとか面接官から買ってもらわなければいけません。


ただ「がんばります。採用してください。」というような話をするのは、なんとなく「このコーヒー買って」と言っているようなもので、採用側からすれば買う理由になりません。


次回、今回の話を念頭に置いた上で「自己分析と業界研究」の方法を説明していきます。
ご期待ください!


 
最後に、、、

私、できるだけ多くの方のお役に立てるよう、ブログランキングに登録おりまして、もし役に立つ情報があると思って頂けたら、以下クリック投票して頂けると嬉しいです。
(↓投票は一日一回可能です^^;)

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
 


もっと広告コミュニケーションについて深く知りたい方は、以下の「コミュニケーションをデザインする」は参考になりますので、チェックしてみてください。





 

 

 

就職活動での差別化1 「みんなサークルの部長さん」問題

私は、この場を借りて本気でノウハウのすべてを書いていきます。
なので本気で難関企業を目指す方、是非真剣に読み続けてください。


今日は、先日からお話している
就職活動における「差別化」に関して説明します。


差別化がエントリーシートから面接に至るまで
すべての根本なので正しく理解してください。



差別化を正しく理解して実践できるかどうかに
就職活動の成否がかかっていると言っても
過言ではありません。


私が就職活動で成功できたのは
この差別化の姿勢に集約されています。


何度も言いますが、超重要です。

 



では、まず差別化とは何なのか。


同類の他のものと違いを際立たせること。


と辞書にはあります。


就職活動は競争なのですから
当然ながら、他人と同じではいけないのです。

そんなに際立たなくても
「減点されなければ何とかなる」と考えているあなた、
大手広告代理店や大手商社などの超難関と言われる企業は
そんなに甘くありません。


あなたが希望する企業の倍率が高ければ高いほど 、それだけ
際立った何かを企業に見せつけなければいけません。


「他人と同じじゃいけない、なんてあたりまえ」
と思うかもしませんが
ホントに驚くほどみんな同じようなことを言っています。


自分自身のグループ面接でもそれは体験しましたし
面接の練習を手伝った多くの学生もそうでした。

これは他に合わせることを美徳とする日本教育の賜物かもしれません。


しかし、だからこそ
差別化を本気で考えた人にはチャンスがあります。
ライバル達は大したレベルではないからです。


具体的に記します。

たとえば自己分析して
「わたしの長所はリーダーシップだ」
と思ったあなたは、こんなことをエントリーシートに書いたり
面接で話したりするかもしれません。


サークルの部長をして、たくさんの人をまとめるのは苦労したけど大会で成果を出しました。だからリーダーシップがあります。


もし、あなたの経歴が飛び抜けていて、かつ容姿端麗
さらに人に与える印象も抜群で
話す内容以上に惹きつける何かを持っているなら
もしかしたら内定するかもしれません。


が、私からしてみれば
サークルの部長をしていたことを中核にすること自体がナンセンスです。


何故かと言うと
就職活動ではみんながサークルの部長になっているからです。


これは別に調査したわけではないですが
サークルで副部長だった人から平部員だった人まで
就職活動では部長(もしくは、それに類するまとめ役)を自称します。

(つまり簡単な詐称を行っています。)


みんなその役職に価値があり
アピールポイントとして利用したいと考えるからです。

当然、採用側はそんなこと気づいています。
どうして?ってそれはみんなが部長を名乗るからです。
「そんなに部長多くないだろっ」て、誰だって気づきます(笑)


だから本当に部長をやっていた人はかわいそうですが
部長の話をした瞬間に埋もれます。


そんなありきたりな話の切り口で
採用担当者に「おもしろい」と思わせるのは至難の業なのです。

つまり、部長やってました話で勝負をかけるのはナンセンスということです。
後々詳しく説明しますが、これが「競合回避」です。


今日のポイントをまとめます。


エントリーシートに書く内容、面接で話す内容は
他の人が言いそうなことは徹底的に除外してください。


あなたのことが大嫌いな人が
その内容を聞いて

「ありふれてない 」

と判断できるレベルを目指してください。


 


じゃ、何をかけばいいの?と思ったあなた。

少しずつ発想法も説明していきますので次回以降ご期待ください。



にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

↑次回も読みたいと思って頂けたら、
クリックで応援して頂けると嬉しいです。

 


代理店マンの就活奥義  自分をどう売るか

就職活動中のみなさん、
または就職活動を考えて憂鬱になっているみなさん、

今日から少しずつノウハウをご紹介したいと思います。


まずタイトルについて

「代理店マンの就活奥義」

とさせて頂いてますが
これには以下の2つの理由があります。


1、わたしが広告代理店の人間であるということ。

2、大手代理店に内定を取ることを基準にしておくと
そのほかの業種でも応用が効きやすいということ。


2に関して補足しますと
広告代理店というのは
商品やサービスの認知・販売促進達成のために

何を言うか(What)

どう言うか(How)

をひたすら考えている業種です。


当然、就活生に対しても

「自分をどう売るか」

という視点で、そのあたりの能力をはかっています。


この能力は他との差別化の根本なので
どの業界、どの会社の就活対策でも役立ちます。


実際、私は代理店を第一希望として就活しまして
大手代理店はもちろんのこと
三菱商事・三井物産・トヨタ(技術職)他多数 幅広く内定頂くことができました。

ちなみに広告業種のみ業界研究・会社研究などしましたが、他は全くしてません。


自分の一般的な知識の範囲内で、差別化を応用したにすぎません。



私がこのブログを通じてお伝えしたいのは
この「差別化」の就職活動における具体的な考え方です。


巷によくある面接官側からの意見をまとめた本やWEBサイトにも
きっとこの手の話はあるでしょう。

しかし私はそういう「選ぶ側のプロ」の話は
参考にはなっても学生は実際どうしてよいかわからないと思っています。


なぜなら彼らは「選ばせる側のプロ」ではないからです。


私は学生の頃からそこに不満を持っていました。


そして実際、代理店に就職し
「選ばせる側のプロ」になって
自分の体験と差別化の方法論を整理できると確信しました。


私が学生の頃に
こんなまとめ方をして欲しかったと思える

30ほどのルールを

この場でひとつづつ提供していきます。





にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

↑次回も読みたいと思って頂けたら、
クリックで応援して頂けると嬉しいです。

 


就職活動、応援宣言

はじめまして。

本日から、この場を借りて
学生の就職活動のお手伝いができればと考えています。

現在、私は都内の某広告代理店に勤務しているのですが
地方の学生だったということもあり
OB訪問や、説明会も気軽には参加できず
就職活動には大変苦労しました。

そんな私だったのですが
結果としては難関といわれる企業含め
受験した会社すべてから内定を頂くことができました。

それは、活動を進めていく中で
自分の中で法則を確立することができたからだと思っています。

もちろん、世間にはマニュアルがあふれてまして
今さら私の経験など、大した情報でないかもしれません。
が、市販のマニュアル本では言及し切れていない、
逆にそれじゃ受からない、と正直思うことがしばしばありました。

実際、これまで多くの学生の就職相談や、
OB訪問を受ける機会があったのですが
少し軌道修正するだけでうまくいくケースが非常に多く
それは多くのマニュアルでは語りきれていないもののように思います。


この不景気の中で内定取り消しなど
心痛いニュースが飛び交っておりましたので
少しでも私の経験が学生のみなさんの参考になればと筆を執った次第です。

これから、不定期にアップしていきますので
お付き合い頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくおねがいいたします。



にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

↑次回も読みたいと思って頂けたら、
クリックで応援して頂けると嬉しいです。

 


自己紹介

nyaku

Author:nyaku
広告代理店に勤務しています。

地方の大学出身で、就職活動時は情報を集めるだけでも一苦労でした。しかし、東京の学生に負けないためにどうすれば良いかを考え抜いた末、受験したすべての企業から内定を頂くことができました。

企業や商品のプロモーションを仕事とするようになったいま、学生時代の経験を踏まえて「自分をプロモートする」方法としての就職活動の方法を整理し、学生の支援活動を行っています。

最新記事
テーマ一覧
最新トラックバック
就職活動に役立つブログ情報
■就職活動ブログランキング

■にほんブログ村
 →就職活動人気ランキング
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

■人気ブログランキング
 →就職・アルバイト
人気ブログランキングへ

■FC2ブログランキング
 →就職・お仕事

広告業界の転職情報No1
RSSリンクの表示
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター
アクセスランキング
FX